ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. ストラテジ系 >
  3. 企業と法務 >
  4. 責任範囲の名称

責任範囲の名称(CEO COO CFO CIO)

社長・専・部長といった役職ではなく、業務内容や責任を明確にするために下記のような呼称を使う企業が増えてきている。

責任範囲の名称
CEO(Chief Executive Officer) 最高経営責任者
COO(Chief Operating Officer) 最高執行責任者
CFO(Chief Financial Office) 最高財務責任者
CIO(Chief Information Officer) 最高情報責任者

CEO-最高経営責任者

経営上の最高権限を持つ最高経営責任者のこと。

日本の企業では、社長(代表取締役)が務めるのことが多い。

COO-最高執行責任者

CEOの補佐役として業務執行を担当する責任者のこと。

CEOがCOOを兼任する場合もある。

CFO-最高財務責任者

資金調達、運用などの財務に関する業務執行を統括する責任者のこと。

経理部長や財務部長などが務めるのことが多い。

CIO-最高情報責任者

企業の情報戦略(ITをどのように利用し戦略を展開するか)を担当する責任者のこと。

情報システムの構築・運用を行うため情報部門の役員が務めるのことが多い。

企業と法務

ITパスポート試験ストラテジ系

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved