ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成25年度春期) >
  3. 問13

平成25年度春期試験:問13

ITパスポート試験平成25年度春期試験の問13です。

問題 著作権の帰属に関する説明のうち、適切なものはどれか。ここで、著作権に関する特段の契約や取決めはないものとする。
回答:ア 映画の著作権は、その原作者だけに帰属する。
回答:イ 原稿がない即興の講演であっても著作権は、講演者に帰属する。
回答:ウ 憲法や法令、裁判所の判決の著作権は、国や地方公共団体に帰属する。
回答:エ 新聞連載小説の著作権は、原作者ではなく新聞社に帰属する。

次の問題に進む>>

問13の解説

ITパスポート試験平成25年度春期試験の問13の解説です。
問13は著作権の帰属についての問題でした。

解説

著作権は、著作物を守る法律です。著作物とは「思想または感情を創作的に表現したものであって、文学、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定められています。
原稿のない即興の講演であっても、その著作権は講演者に帰属することとなります。

よって正解は「イ」となります。

アの解説 映画の著作権は、制作、監督、演出などの担当者にも帰属するとされています。
ウの解説 憲法や法令などの著作物に対しては、著作権は発生しません。しかし、憲法や法令なども著作物であることは変わりません。
エの解説 小説の著作権は、どのような媒体を通して発信されたかに係わらず、原作者に帰属します。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 25年度春期TOP

ITパスポート試験平成25年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16        

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2014 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved