ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成25年度春期) >
  3. 問9

平成25年度春期試験:問9

ITパスポート試験平成25年度春期試験の問9です。

問題 製品Aの生産及び販売に必要な固定費は年間3,000万円である。製品Aの単価が2万円、生産及び販売に掛かる1個当たりの変動費が5,000円であるとき、製品Aの損益分岐点における販売個数は何個か。
回答:ア 1,500
回答:イ 2,000
回答:ウ 4,000
回答:エ 6,000

次の問題に進む>>

問9の解説

ITパスポート試験平成25年度春期試験の問9の解説です。
問9は固定費と変動費についての問題でした。

解説

固定費は製品Aの生産数量に係わらず発生する費用です(製造機械の維持費など)。変動費は製品Aの生産及び販売の個数によって変わる費用です。

損益分岐点とは「固定費+変動費=売上高」となる売上高、または販売数量のことです。
今回は損益分岐点販売数量を求めます。

固定費を無視した1個当たりの利益は「単価-変動費」より求められるので
20000-5000=15000円(1.5万円)
となります。
固定費に3,000万円掛かっているので、その分を売り上げるためには2000個の販売が必要となります。
よって正解は「イ」となります。

まとめると、損益分岐点販売数量を求める公式は
損益分岐点販売数量=固定費÷(単価-単価当たりの変動費)
となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 25年度春期TOP

ITパスポート試験平成25年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16        

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2014 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved