ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成25年度春期) >
  3. 問1

平成25年度春期試験:問1

ITパスポート試験平成25年度春期試験の問1です。

問題

特定電子メールとは、広告や宣伝といった営利目的に送信される電子メールのことである。特定電子メールの送信者の義務となっている事項だけを全て挙げたものはどれか。

a.電子メールの送信拒否を連絡する宛先のメールアドレスなどを明示する。
b.電子メールの送信同意の記録を保管する。
c.電子メールの送信を外部委託せずに自ら行う。

回答:ア a,b
回答:イ a,b,c
回答:ウ a,c
回答:エ b,c

次の問題に進む>>

問1の解説

ITパスポート試験平成25年度春期試験の問1の解説です。
問1は特定電子メールについての問題でした。

解説

特定電子メール法とは、迷惑メールの送信を規制するための法律です。
特定電子メールとは、企業などが営利目的のために広告等を掲載して送信するメールのことです。
特定電子メール法では
・そのメールの送信に同意した人にのみメールを送信すること
メールの送信停止の意向を連絡するための連絡先を掲載しておくこと
メールの送信同意の記録を保管しておくこと
などが定められています。
特定電子メールの送信を外部委託してはいけないとう規則はありません。

よって正解は「ア」となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 25年度春期TOP

ITパスポート試験平成25年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16        

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2014 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved