ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度春期) >
  3. 中間C(問95)

平成24年度春期試験:中間C(問95)

ITパスポート試験平成24年度春期試験の中間C(問95)です。

提案依頼書(以下、RFPという)の作成に関する次の記述を読んで、問93〜問96に答えよ。

商事会社のP社は、事務所が複数のビルに点在している。そこで、業務効率の向上を目的として、事務所を1か所に統合することになった。このために事務所統合プロジェクトが発足し、総務課のAさんがプロジェクトリーダになった。入社2年目のBさんは、Aさんの指導の下で、複数ある会議室の予約に用いる会議室予約システム(以下、予約システムという)の導入責任者になった。Bさんは、会議室の予約に関する要件をまとめた。

〔会議室の予約に関する要件〕
(1)P社には、営業部、総務部、経理部、情報システム部など、複数の部署があり、これまで部署ごとに会議室を設けていた。統合後は会議室を複数の部署で共有して使用する。
(2)会議室には、一般用会議室と来賓用会議室がある。
(3)一般用会議室は、全従業員が予約できる。
(4)来賓用会議室は、従業員の役職で予約の可否を判定する。判定基準は、現在決まっていない。

事務所統合プロジェクトでは、予約システムのRFPを作成することになった。BさんはAさんからこのRFPに記載する内容を指示され、作成者、掲載事項、提出先などについて説明を受けた。

問題

予約システムのRFPに記載する内容の説明として、適切でないものはどれか。

回答:ア 一般用会議室は、全従業員が予約できることを記述する。
回答:イ 営業部、総務部、経理部、情報システム部など、複数の部署が、会議室を共有して使用することを記述する。
回答:ウ 予約システムの納期や稼働日は記述するが、会議室の内装や什器搬入の日程は記述しない。
回答:エ 来賓用会議室の予約可否の判定基準は決まっていないので、一般用会議室とは基準が異なることは記述しない。

次の問題に進む>>

中間C(問95)の解説

ITパスポート試験平成24年度春期試験の中間C(問95)の解説です。
中間C(問95)はRFPに記載する内容についての問題でした。

アの解説

一般用会議室を全従業員が予約できるという予約システムの要件です。
これはRFPに記載するべきなので「ア」は正しいです。

イの解説 複数の部署が共有して会議室を使用するのは予約システムの要件です。
これはRFPに記載するべきなので「イ」は正しいです。
ウの解説 会議室の内装や什器搬入の日程などは、予約システムの要件とは関係がありません。
これはRFPに記載するべきではないので「ウ」は正しいです。
エの解説 一般用会議室と違い、来賓用会議室は従業員の役職で予約の可否を判定することは決まっています。
この旨を記述しないと来賓用会議室の予約方法が一般用会議室と同じと思われてしまうので、基準が異なることについて記述しておく必要があります。
よってこれはRFPに記載するべきなので「エ」が誤りです。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度春期TOP

ITパスポート試験平成24年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29  
ITパスポート試験平成24年度春期(マネジメント系の問題)
問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39
問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49
問50                  
ITパスポート試験平成24年度春期(テクノロジ系の問題)
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
問81 問82 問83 問84            
ITパスポート試験平成24年度春期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved