ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度春期) >
  3. 問66

平成24年度春期試験:問66

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問66です。

問題

a〜cのうち、フィッシングへの対策として、適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

a.Webサイトなどで、個人情報を入力する場合は、SSL接続であること、及びサーバ証明書が正当であることを確認する。

b.キャッシュカード番号や暗証番号などの送信を促す電子メールが届いた場合は、それが取引銀行など信頼できる相手からのものであっても、念のため、複数の手段を用いて真偽を確認する。

c.電子商取引サイトのログインパスワードには十分な長さと複雑性をもたせる。

回答:ア a,b
回答:イ a,b,c
回答:ウ a,c
回答:エ b,c

次の問題に進む>>

問66の解説

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問66の解説です。
問66はフィッシング対策についての問題でした。

解説

フィッシング(フィッシング詐欺)とは、正規のWebサイトやメールを装い、利用者から暗証番号やクレジットカード番号などを詐取する詐欺です。

手口としては、金融機関を名乗ったメールを無差別にばらまき、偽のサイトや、金融機関の正規ページと同時に表示した偽のポップアップウインドウなどに個人情報を入力させ、利用者の個人情報を盗みます。

フィッシングへの対策としては、Webサイトで個人情報を入力する際にはSSL接続であり、サーバ証明書が正当であることをきちんと確認することが挙げられます。また、キャッシュカード番号などの送信を促すメールが届いた場合は、複数の手段を用いて真偽を確認することが大事です。

よって正しいのはa,bとなるので、正解は「ア」となります。

cのようにパスワード自体に工夫をすることは、フィッシングに対しては効果はありません。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度春期TOP

ITパスポート試験平成24年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29  
ITパスポート試験平成24年度春期(マネジメント系の問題)
問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39
問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49
問50                  
ITパスポート試験平成24年度春期(テクノロジ系の問題)
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
問81 問82 問83 問84            
ITパスポート試験平成24年度春期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved