ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度春期) >
  3. 問59

平成24年度春期試験:問59

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問59です。

問題 ディジタル署名を用いることで可能なことはどれか。
回答:ア 署名された文書の暗号化方式の受信者への通知
回答:イ 署名された文書の改ざんの検出
回答:ウ 署名された文書の改ざんの防止
回答:エ 署名された文書の漏えいの防止

次の問題に進む>>

問59の解説

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問59の解説です。
問59はディジタル署名についての問題でした。

解説

ディジタル署名とは、メールなどのディジタル文書の正統性を保証するために付けられる、公開鍵暗号方式の技術を応用した署名情報です。
ディジタル署名を付けることで、送信者の証明や、文書が改ざんされていないことを保証することができます。

逆に言えば、ディジタル署名の正統性が確認できなければ、文書が改ざんされた可能性があるということが分かります。

よって正解は「イ」となります。

アの解説 受信者が暗号化方式を確認することはできません。
ウの解説 ディジタル署名によって改ざんの検出はできますが、改ざんを防止することはできません。
エの解説 ディジタル署名では元のデータを暗号化するわけではないので漏えいを防ぐことはできません。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度春期TOP

ITパスポート試験平成24年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29  
ITパスポート試験平成24年度春期(マネジメント系の問題)
問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39
問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49
問50                  
ITパスポート試験平成24年度春期(テクノロジ系の問題)
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
問81 問82 問83 問84            
ITパスポート試験平成24年度春期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved