ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度春期) >
  3. 問50

平成24年度春期試験:問50

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問50です。

問題 新人事システム開発プロジェクトの遂行に当たって、どのようなことがリスクとなり得るかを洗い出すために、プロジェクトチームメンバである企画部、人事部、情報システム部の担当者が集まり、プロジェクトに関して思い付くリスクを自由に出し合った。このような手法を何というか。
回答:ア ウォークスルー
回答:イ クリティカルパス法
回答:ウ シミュレーション
回答:エ ブレーンストーミング

次の問題に進む>>

問50の解説

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問50の解説です。
問50はブレーンストーミングについての問題でした。

アの解説 ウォークスルーとは、システム開発プロジェクトのメンバーが集まり簡単なレビューを行うことを言います。
イの解説 開発工程において、遅延してしまうと全体の工程が遅れてしまう一連の工程のつながりをクリティカルパスといいます。
クリティカルパスを重点的に管理した進捗管理法をクリティカルパス法と呼びます。
ウの解説 シミュレーションとは、プログラムで作成したモデルを用いて実際に起こり得る現象を検証する試験のことです。
エの解説

ブレーンストーミングとは、討議方法の一つです。ブレーンストーミングには以下のルールがあります。

(1)結論厳禁:他人のアイデアを批判したり、潰すような発言をしません。
(2)自由奔放:奇抜でユニークな考え方やアイデアを重視します。
(3)質より量:一般的なものから新規性の高いアイデアまであらゆるアイデアを歓迎します。
(4)結合改善:他人のアイデアに一工夫加えたり、組み合わせたりすることで新たなアイデアを作ることも推奨されます。

このルールに基づいて討議することで、様々なアイデアを集めることができます。
ブレーンストーミング自体では結論を出さず、次の段階の討議で結論を出します。

問題の文章はブレーンストーミングですので、正解は「エ」となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度春期TOP

ITパスポート試験平成24年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29  
ITパスポート試験平成24年度春期(マネジメント系の問題)
問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39
問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49
問50                  
ITパスポート試験平成24年度春期(テクノロジ系の問題)
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
問81 問82 問83 問84            
ITパスポート試験平成24年度春期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved