ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度春期) >
  3. 問36

平成24年度春期試験:問36

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問36です。

問題 内部統制を考慮した職務分掌として、適切なものはどれか。
回答:ア 申請者自身が承認を行えないように定めた。
回答:イ 長期不在となる上司の建言を部下に委譲した。
回答:ウ 早番の担当者の残作業を遅番の担当者に引き継いだ。
回答:エ 一つの作業を複数人で手分けして実施した。

次の問題に進む>>

問36の解説

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問36の解説です。
問36は内部統制についての問題でした。

解説 内部統制とは、業務の効率化・財務報告の信頼性などを達成するために権限を委譲し、役割分担を決め、全ての従業員を管理するための体制を構築・運用する仕組みのことです。
アの解説 作業の申請者自身が承認を行えてしまうと、不正な作業の申請を自分で承認し、不正の隠蔽が可能になってしまいます。
内部統制を考慮した場合、
よってこの記述は正しく、正解は「ア」となります。
イの解説 上司の権限を部下に委譲すると、本来上司の許可が必要な作業を勝手に行えてしまいます。
これは内部統制の観点からすると問題となるので、長期不在となる場合は、同程度の職務権限を持つ他の管理職に権限を委譲するべきです。
よってこの記述は誤りです。
ウの解説 この記述内容は内部統制とは関係ありません。
エの解説 この記述内容は内部統制とは関係ありません。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度春期TOP

ITパスポート試験平成24年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29  
ITパスポート試験平成24年度春期(マネジメント系の問題)
問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39
問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49
問50                  
ITパスポート試験平成24年度春期(テクノロジ系の問題)
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
問81 問82 問83 問84            
ITパスポート試験平成24年度春期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved