ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度春期) >
  3. 問30

平成24年度春期試験:問30

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問30です。

問題 SLAの中に含めるサービスレベルに関する条文の例として、最も適切なものはどれか。ここで、甲は委託者、乙は提供者とする。
回答:ア 乙が監視するネットワークにおいて回線異常を検知した場合は、検知した異常の内容を60分以内に甲に報告するものとする。
回答:イ 乙は別に定める秘密事項を第三者に開示しないものとする。ただし、事前に甲から書面による承諾を得た場合はこの限りではない。
回答:ウ 作成されたプログラムなどに瑕疵があった場合、乙は別に定めるプログラムなどの検収のための引っ越しの日から1年刊の瑕疵担保責任を負うものとする。
回答:エ 納入物に関する著作権は乙に留保される。ただし、甲は本件ソフトウェアの著作物の複製品を、著作権法の規定に基づいて複製、翻案することができる。

次の問題に進む>>

問30の解説

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問30の解説です。
問30はSLAについての問題でした。

解説

SLA(Service Level Agreement)とは、サービスを提供する事業者とサービスを受ける契約者との間で、どの程度のサービスの品質(レベル)を保証するかの取り決めです。
サービスの内容と水準や、それを達成できなかった場合の補償やペナルティの内容が書かれています。

選択肢の中でサービスの内容とすと水準について記述しているものは「ア」のみです。よって正解は「ア」となります。

イ、ウ、エの内容はどれもサービスの内容や水準について記述されたものではありません。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度春期TOP

ITパスポート試験平成24年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29  
ITパスポート試験平成24年度春期(マネジメント系の問題)
問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39
問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49
問50                  
ITパスポート試験平成24年度春期(テクノロジ系の問題)
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
問81 問82 問83 問84            
ITパスポート試験平成24年度春期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved