ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度春期) >
  3. 問19

平成24年度春期試験:問19

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問19です。

問題 経営戦略策定の過程で、今後力を入れるべき事業、撤退すべき事業の分析に用いる手法として適切なものはどれか。
回答:ア BPR
回答:イ BSC
回答:ウ CSF
回答:エ PPM

次の問題に進む>>

問19の解説

ITパスポート試験平成24年度春期試験の問19の解説です。
問19はPPMについての問題でした。

アの解説 BRP(Business Process Re-engineering)とは、企業における業務効率を改善するために、分析・最適化を行うことです。
イの解説 BSC(Balanced Score Card:バランススコアカード)とは、企業のビジョンと戦略の実現のために、業績を「財務」「顧客」「業務プロセス」「学習と成長」の4つの視点から分類・分析する業績評価システムのことです。
ウの解説 CSF(Critical Success Factor)とは戦略の目標達成のために重要となる要因のことです。
エの解説

PPM(Products Portfolio Manegement)とは、自社が販売する製品や展開するサービスについて市場占有率と市場成長率を分析し、ポートフォリオ類型と呼ばれる下図のどこに分類するかで、今後の方針を決める分析方法です。

24年度春問19

・金のなる木
市場占有率が高く、市場成長率が低いので追加の投資が少なく多くの利益が見込めます。

・花形
市場占有率は高く利益が見込めるのですが、市場の成長率が高く、これから多くの投資が必要となります。

・問題児
市場占有率が低く、市場成長率が高いので利益が見込めないうえに多くの投資を必要とします。育て方次第で花形にも負け犬にもなり得るところです。

・負け犬
市場占有率、市場成長率ともに低く、追加で投資をしても成長の見込めない状態です。ここに分類されれば撤退が検討されます。

よって、正解は「エ」となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度春期TOP

ITパスポート試験平成24年度春期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29  
ITパスポート試験平成24年度春期(マネジメント系の問題)
問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39
問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49
問50                  
ITパスポート試験平成24年度春期(テクノロジ系の問題)
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
問81 問82 問83 問84            
ITパスポート試験平成24年度春期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved