ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成24年度秋期) >
  3. 問62

平成24年度秋期試験:問62

ITパスポート試験平成24年度秋期試験の問62です。

問題 無線LANの通信は電波で行われるため、適切なセキュリティ対策が欠かせない。無線LANのセキュリティ対策のうち、無線LANアクセスポイントで行うセキュリティ対策ではないものはどれか。
回答:ア MACアドレスによるフィルタリングを設定する。
回答:イ 通信内容に暗号化を施す。
回答:ウ パーソナルファイアウォールを導入する。
回答:エ 無線LANのESSIDのステルス化を行う。

次の問題に進む>>

問62の解説

ITパスポート試験平成24年度秋期試験の問62の解説です。
問62は無線LANについての問題でした。

アの解説 MACアドレスとは、通信ネットワーク上で通信媒体を識別するためのアドレスのことです。無線ルータなどのアクセスポイントでMACアドレスによるフィルタリングを行うと、許可された特定のMACアドレスからしか接続できないようにできます。
よって「ア」の内容は正しいセキュリティ対策です。
イの解説

通信内容に暗号化を施すことは、適切なセキュリティ対策です。よって「イ」の内容は正しいといえます。

ウの解説 パーソナルファイアウォールとは、個人向けのファイアウォールのことです。
ファイアウォールはアクセスポイントではなく、パソコンにインストールして利用するソフトウェアなので、この記述は誤りです。
よって「ウ」の内容は誤りなので、正解は「ウ」となります。
エの解説 ESSIDとは、無線LANにおけるネットワーク識別子の一つです。アクセスポイントやクライアントに設定し、同じESSIDを持つアクセスポイントのみに接続することができます。
ESSIDをステルス化(外部に見えないようにする)と、攻撃者がアクセスポイントに接続しづらくなります。
よって「エ」の内容は正しいセキュリティ対策です。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 24年度秋期TOP

ITパスポート試験平成24年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
ITパスポート試験平成24年度秋期(マネジメント系の問題)
問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40
問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50
問51 問52                
ITパスポート試験平成24年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84                
ITパスポート試験平成24年度秋期(中問A〜D)
中問A 問85 問86 問87 問88
中問B 問89 問90 問91 問92
中問C 問93 問94 問95 問96
中問D 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved