ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度春期特別) >
  3. 問88

平成23年度春期特別試験:問88

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問88です。

問題 暗号化通信で使用される共通鍵暗号方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。
回答:ア 暗号化に用いる鍵を第三者に公開しても、第三者は暗号文を復号できない。
回答:イ 公開鍵暗号方式よりも、暗号化処理と復号処理に掛かる計算量は少ない。
回答:ウ 通信経路で改ざんされた暗号文を復号処理で訂正し、元のデータを復元する機能をもつ。
回答:エ 複数の相手ごとに通信内容を秘密にしたい場合でも、暗号化に用いる鍵は一つである。

次の問題に進む>>

問88の解説

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問88の解説です。
問88は共通鍵暗号方式についての問題でした。

解説 共通鍵暗号方式とは、暗号化と復号化に同じ鍵を用いる方式です。なので、暗号化と復号化にそれぞれ違う鍵を用いる公開鍵暗号方式に比べ処理内容が単純であるため、暗号化処理と復号処理に掛かる計算量は少なくなります。
アの解説 共通鍵暗号方式では、暗号化と復号化に同じ鍵を用いるため、暗号化に用いる鍵を公開した場合、その鍵を用いて復号が出来てしまいます。
ウの解説 通信経路で改ざんされたデータを復元する機能はありません。
エの解説 暗号化と復号化に同じ鍵を用いる性質上、複数の相手ごとに通信内容を秘密にする場合は、それぞれ違う鍵を用いる必要があります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度春期特別TOP

ITパスポート試験平成23年度春期特別(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31 問32                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(マネジメント系の問題)
問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42
問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51 問52
問53 問54                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(テクノロジ系の問題)
問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62 問63 問64
問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72 問73 問74
問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82 問83 問84
問85 問86 問87 問88            
ITパスポート試験平成23年度春期特別(中問A〜C)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved