ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度春期特別) >
  3. 問71

平成23年度春期特別試験:問71

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問71です。

問題 あるシステムにおいて、MTBFとMTTRがどちらも1.5倍になったとき、稼働率はどうなるか。
回答:ア 2/3倍になる。
回答:イ 1.5倍になる。
回答:ウ 2倍になる。
回答:エ 変わらない。

次の問題に進む>>

問71の解説

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問71の解説です。
問71は稼働率についての問題でした。

解説

MTBF(平均故障間隔)とは、システムが故障から復帰してから、次に故障に陥るまでの間隔の平均値です。言い換えれば、システムが連続稼働している時間の平均値であるといえます。

MTTR(平均修復時間)とは、システムが故障してから復旧するまでの時間の平均値を表しています。言い換えると、システムが故障している時間の平均値であるといえます。

システムの稼働率は

MTBF/(MTBF+MTTR)

の式であらわされます。MTBFとMTTRはそれぞれシステムの稼働・故障状態を表しているので、それらを足すことで運用時間を表現できます。
全運用時間のうち、稼働時間(MTBF)の占める割合を求めることで、システム全体の稼働率を求めることができます。

ここで、MTBF,MTTRをそれぞれ1.5倍して、全体の値がどうなるか調べます。

MTBF*1.5/(MTBF*1.5+MTTR*1.5)
MTBF*1.5/(MTBF+MTTR)*1.5
MTBF/(MTBF+MTTR)

このように、元のシステム稼働率の計算式と同じになりました。よって、MTBF,MTTRをそれぞれ1.5倍してもシステムの稼働率には変化はありません。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度春期特別TOP

ITパスポート試験平成23年度春期特別(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31 問32                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(マネジメント系の問題)
問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42
問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51 問52
問53 問54                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(テクノロジ系の問題)
問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62 問63 問64
問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72 問73 問74
問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82 問83 問84
問85 問86 問87 問88            
ITパスポート試験平成23年度春期特別(中問A〜C)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved