ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度春期特別) >
  3. 問69

平成23年度春期特別試験:問69

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問69です。

問題

PCの省電力機能に関する次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

PCの電源を切る直前の作業を補助記憶装置に保存しておき、次に電源を入れたときにこの内容を読みだして電源を切る直前の状態に戻して使用可能とする機能を(a)という。

また、作業を中断して省電力モードに移行する際、移行直前の作業状態を主記憶装置に記憶し、作業再開時に速やかにPCを移行直前の状態に戻して使用可能とする機能を(b)という。

回答:ア (a)=スタンバイ、(b)=ミラーリング
回答:イ (a)=ストライピング、(b)=ハイバネーション
回答:ウ (a)=ハイバネーション、(b)=スタンバイ
回答:エ (a)=ミラーリング、(b)=ストライピング

次の問題に進む>>

問69の解説

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問69の解説です。
問69はPCの省電力機能についての問題でした。

解説

PCの電源を切る直前に、作業状態を補助記憶装置に保存しておき、次に電源を入れたときにこの内容を読みだして電源を切る直前の状態に戻して使用可能にする機能をハイバネーションといいます。

また、作業を中断して省電力モードに移行する際、作業状態を主記憶装置に記憶し、作業再開時に速やかにPCを移行直前の状態に戻して使用可能にする機能をスタンバイといいます。

これら二つの大きな違いは、ハイバネーションでは補助記憶装置に、スタンバイでは主記憶装置に保存するという点があげられます。
また、ハイバネーションでは完全に電源を切るのに対して、スタンバイは電源を完全には切らないことが特徴です。よって、ノートパソコンなどでスタンバイモードを続けて完全に電源が切れてしまうと、直前の情報を失ってしまいます。

ストライピングやミラーリングなどは、データの保存方法に関する用語で、省電力機能については関係がありません。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度春期特別TOP

ITパスポート試験平成23年度春期特別(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31 問32                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(マネジメント系の問題)
問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42
問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51 問52
問53 問54                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(テクノロジ系の問題)
問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62 問63 問64
問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72 問73 問74
問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82 問83 問84
問85 問86 問87 問88            
ITパスポート試験平成23年度春期特別(中問A〜C)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved