ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度春期特別) >
  3. 問67

平成23年度春期特別試験:問67

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問67です。

問題 CPUに関する記述のうち、適切なものはどれか。
回答:ア CPU内部に組み込まれているキャッシュメモリは、主記憶装置の容量を仮想的に拡張するために用いられる。
回答:イ CPUの演算機能は制御機能の一部である。
回答:ウ CPUは、一度に処理するデータ量によって、"16ビットCPU"、"32ビットCPU"、"64ビットCPU"などに分類されるが、ビット数の大小と処理能力は関係がない。
回答:エ 同じ構造をもつCPUであれば、クロック周波数が高いものほど処理速度が速い。

次の問題に進む>>

問67の解説

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問67の解説です。
問67はCPUについての問題でした。

解説 クロック周波数は、単位は(回/秒)で表され、一秒間にどれくらいの処理を行えるか、という意味を持ちます。クロック周波数の値が大きければ大きいほど、一秒間に処理できる命令が多くなり、結果として処理速度が速くなります。
アの解説 キャッシュメモリは、CPU内部に設けられた記憶装置です。ですが、主記憶装置の容量を仮想的に拡張するためでなく、頻繁にアクセスするデータをCPU内部に置くことで、主記憶装置にアクセスすることなくデータを引き出すことで、アクセス速度を向上させる役割を持ちます。
イの解説 CPUの演算機能は、制御機能とは独立した機能です。
ウの解説 CPUのビット数が多ければ多いほど、処理能力は向上します。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度春期特別TOP

ITパスポート試験平成23年度春期特別(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31 問32                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(マネジメント系の問題)
問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42
問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51 問52
問53 問54                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(テクノロジ系の問題)
問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62 問63 問64
問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72 問73 問74
問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82 問83 問84
問85 問86 問87 問88            
ITパスポート試験平成23年度春期特別(中問A〜C)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved