ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度春期特別) >
  3. 問48

平成23年度春期特別試験:問48

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問48です。

問題 図のアローダイアグラムにおいて、作業Bが3日遅れて完了した。全体の遅れを1日にするためには、どの作業を何日短縮すればよいか。
平成23年度春期特別試験問48
回答:ア 作業Cを1日短縮する。
回答:イ 作業Dを1日短縮する。
回答:ウ 作業Eを1日短縮する。
回答:エ どの作業も短縮する必要はない。

次の問題に進む>>

問48の解説

ITパスポート試験平成23年度春期特別試験の問48の解説です。
問48はアローダイアグラムについての問題でした。

解説

設問図の状態でのクリティカルパスは以下の図の赤い線の作業(A→C→E→F)となっています。○内の数字はその時点での最早結合点時刻となっています。この図をみると、全作業を終了するまでには20日かかっていることになります。
平成23年度春期特別試験問48-解1

ここで、設問のようにBが3日遅れてしまった場合のクリティカルパス及び全作業を終了するまでの日程をみてみましょう。
平成23年度春期特別試験問48-解2

作業Bが遅れたことにより、前半部分のクリティカルパスが「A→C」から「B」に変わったことがわかります。また、全作業が2日遅れてしまっています。
クリティカルパスとは、その経路で最も時間がかかっている作業なので、クリティカルパス上の作業の時間を短縮することで、全作業の時間を短縮することができます。
設問では「全体の遅れを1日にする」とのことなので、現在のクリティカルパス「B→E→F」の作業のうちどれかの作業時間を1日短縮することで、全体の作業時間の遅れを1日とすることが出来ます。

よって答えは「Eを1日短縮する」となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度春期特別TOP

ITパスポート試験平成23年度春期特別(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31 問32                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(マネジメント系の問題)
問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42
問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51 問52
問53 問54                
ITパスポート試験平成23年度春期特別(テクノロジ系の問題)
問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62 問63 問64
問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72 問73 問74
問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82 問83 問84
問85 問86 問87 問88            
ITパスポート試験平成23年度春期特別(中問A〜C)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved