ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問75

平成23年度秋期試験:問75

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問75です。

問題 電子メールの安全性や信頼性に関する記述のうち、適切なものはどれか。
回答:ア 暗号化しなくても、受信者以外の者が、通信途中で電子メールの本文や添付ファイルの内容を見ることはできない。
回答:イ 受信した電子メールの差出人欄の電子メールアドレスが知人のものであっても、本人からの電子メールであるとは限らない。
回答:ウ 送信した電子メールは、必ず受信者に到達する。
回答:エ 電子メールの本文や添付ファイルの内容を通信途中で改ざんすることはできない。

次の問題に進む>>

問75の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問75の解説です。
問75は電子メールについての問題でした。

解説 電子メールソフトの設定などによって、差出人の電子メールアドレスを詐称することが可能です。また、電子メール送信のためのプロトコルであるSMTPでは差出人の電子メールアドレスについて、実在するものなのか・本人が送っているのかなどの確認は行わないので、詐称されていたとしても検知することができません。
アの解説 電子メールの暗号化を行わないと、本文や添付ファイルはそのまま通信されることになります。
悪意を持った第三者が、ネットワーク上で盗聴を行った場合、電子メールの内容が見られてしまう可能性があります。
ウの解説 メールサーバに障害が発生している場合などは、電子メールが届かないままになることがあります。
エの解説 悪意を持った第三者により電子メールがネットワーク上で盗聴された場合、その電子メールを内容を書き換えてから宛先へ送ることで、電子メールの改ざんが可能です。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved