ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問69

平成23年度秋期試験:問69

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問69です。

問題

セルB2〜D100に学生の成績が科目ごとに入力されている。セルB102〜D105に成績ごとの学生数を科目別に表示したい。セルB102に計算式を入力し、それをセルB102〜D105に複写する。セルB102に入力する計算式はどれか。

23年度秋期問69
回答:ア 条件付個数($B2〜$B100,=$A102)
回答:イ 条件付個数($B2〜$B100,=A$102)
回答:ウ 条件付個数(B$2〜B$100,=$A102)
回答:エ 条件付個数(B$2〜B$100,=A$102)

次の問題に進む>>

問69の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問69の解説です。
問69は表計算ソフトについての問題でした。

解説

表計算ソフトでは、行方向のアドレスとして数字が、列方向のアドレスとして英文字が使用されています。
表計算ソフトでは、計算式を入力し複写した場合、複写先のセルに応じて元の計算式を変化させる特徴があります。

〔列方向への複写〕
列方向へ(横に)複写した場合、その列に応じた英文字へと変化させます。
例えばB102にB2と入力し、C102へ複写した場合はB2がC2へと英文字が変化します。

〔行方向への複写〕
行方向へ(縦に)複写した場合、その行に応じた数字へと変化させます。
例えばB102にB2と入力し、B103へ複写した場合はB2がB3へと数字が変化します。

複写した際に、アドレスを変更させないようにするには「$」を用います。
$B2とすれば列方向へ複写してもBを変化させず、B$2とすれば行方向へ複写しても2を変化させることはありません。

今回はB102に入力する計算式を求め、B102〜D105に複写をします。Bに入力する計算式は
条件付個数(B2〜B100,=A102)
がベースであり、これに「$」を付ける場所が問題となります。
このような場合は、ななめの場所にある「C103」に入力すべき計算式を考えると、違いが分かりやすくなります。
C103では「英語科目(C列)」の「良」の数をカウントします。なので、「C2〜C100」の範囲で、「A103」と一致するものを探します。 これを求める計算式は
条件付個数(C2〜C100,=A103)
となります。
これをB102に入力する計算式と比べると、検索範囲部分英文字は変化数字は同じ検索条件部分英文字は同じ数字は変化しています。

B102:条件付個数(B2B100,=A102
C103:条件付個数(C2C100,=A103

これによりB102に入力する計算式の「$」を付ける場所は、検索範囲部分の数字検索条件の英文字であることから
条件付個数(B$2〜B$100,=$A102)
が答えとなります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved