ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問66

平成23年度秋期試験:問66

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問66です。

問題 OSS(Open Source Software)の利用に関する記述のうち、適切なものはどれか。
回答:ア OSSの利用者は、開発者にソフトウェアの対価を支払う義務を負う。
回答:イ OSSの利用者は、そのOSSを販売したり、無料配布したりすることはできない。
回答:ウ OSSを遺伝子研究分野で利用することはできない。
回答:エ 公開されているOSSを改良した派生ソフトウェアをOSSとして公開できる。

次の問題に進む>>

問66の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問66の解説です。
問66はOSSについての問題でした。

解説

OSSの定義については、非営利組織OSI(Open Source Initiative)が公表している文書であるOSD(Open Source Definition)に示されています。

OSDには、OSSのソースコード利用して作られたプログラムを有償・無償問わず再配布することを認める、個人・グループの差別の禁止、利用する分野の差別の禁止などが示されています。

なので、公開されているOSSを改良したソフトウェアをOSSとして公開することは認められています。よって正解は「エ」です。

アの解説 無償ライセンスのOSSであれば、利用者が開発者に対かを支払う義務はありません。ただし、有償のものもあるので注意しましょう。
イの解説 有償・無償問わず再配布が認められています。
ウの解説 OSSの利用する分野の差別は禁止されているので、遺伝子研究にも利用できます。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved