ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問65

平成23年度秋期試験:問65

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問65です。

問題

関係データベースのA表、B表がある。A表、B表に対して(A∪B)、(A∩B)を行った結果は、それぞれP表、Q表及びR表のどれになるか。ここで、∪は和集合演算、∩は共通集合演算を表す。

23年度秋期問65-関係データベース表
  (A∪B) (A∩B)
回答:ア P R
回答:イ Q R
回答:ウ R P
回答:エ R Q

次の問題に進む>>

問65の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問65の解説です。
問65は関係データベースについての問題でした。

解説

表Aには商品コード「P001」「P003」「P007」「P012」「P019」の5つが、表Bには商品コード「P003」「P007」「P020」の3つがありますが、「P003」「P007」の2つが共通していることに注意しましょう。

関係データベースでの和集合演算とは、それぞれの表の全ての行を抜き出して、新しい表を作ることです。このとき、二つの表に共通の行があった場合は重複した文は新しい表には加えません

今回は表Aと表Bの和集合演算なので、二つの表の全ての行を使って新しい表を作ります。 以上より(A∪B)により作成される表は「P001」「P003」「P007」「P012」「P019」「P020」の6つの行により構成されることがわかります。よって答えはRです。

関係データベースの共通集合演算とは、それぞれの表の共通している行だけで新しい表を作ることです。

今回は表Aと表Bの共通集合演算なので、共通している行「P003」「P007」の2つから新しい表が作られます。よって答えはPとなります。

以上より、正解は「ウ」となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved