ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問63

平成23年度秋期試験:問63

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問63です。

問題 複数の利用者が同一データベースに同時にアクセスする処理のうち、データの整合性を保つための対策が不要な処理はどれか。
回答:ア オークションの入札処理
回答:イ オンラインショッピングの申込み処理
回答:ウ 図書情報の検索処理
回答:エ 列車座席の予約処理

次の問題に進む>>

問63の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問63の解説です。
問63はデータの整合性についての問題でした。

解説

同一データベースに同時にアクセスする処理のうち、データの整合性を保つ必要性があるものは、基本的にデータの書込みを伴う処理です。
データを読込むだけであれば、データの一貫性は失われないので対処する必要はありません。

今回は対策が「不要な」処理なので、読込みのみを行っている処理が答えとなります。

データの整合性を保つためには、一人がデータにアクセスしている時に別の人はそのデータにアクセスできないようにします。
このような制御を排他制御といいます。

アの解説 オークションの入札処理では入札情報の書込みが行われ、入札金額が重複すると問題が発生する場合があります。なので整合性を保つための対策が必要となります。
イの解説 オンラインショッピングの申し込みには、注文情報の書込みが行われ、在庫の数に限りがあるので、在庫数を超えて注文を受けてしまうと問題が発生します。なので整合性を保つための対策が必要となります。
ウの解説 図書情報の検索処理には、書込みは伴いません
なので、同時に複数人がアクセスしてもデータの整合性は保たれます。よって整合性を保つための対策が不要なので、「ウ」が答えとなります。
エの解説 列車座席の予約処理にも、予約情報の書込みが伴い、同じ座席に複数人が同時に予約してしまうと問題です。なので整合性を保つための対策が必要となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved