ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問59

平成23年度秋期試験:問59

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問59です。

問題 迷惑メールを受信したときに避けるべき行動はどれか。
回答:ア 電子メールの経路情報などから送信元プロバイダが判明したときに、迷惑メールがおくられてくることを、そのプロバイダに通報する。
回答:イ 発信者に対して苦情を申し立てるために、迷惑メールに返信する。
回答:ウ 迷惑メールは開かずに削除する。
回答:エ メールソフトのメイワクメールフィルタを設定し、以後、同一発信者からの電子メールを迷惑メールフォルダに振り分ける。

次の問題に進む>>

問59の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問59の解説です。
問59は迷惑メールへの対処についての問題でした。

解説

迷惑メール受信時に避けるべき行動を答える問題です。

電子メールの送信元のプロバイダが判明した場合、そのプロバイダに通報することで送信者の特定につながります。よって「ア」は正しい内容です。

迷惑メールに返信してしまうと、自分のアドレスの有効性を相手に教えてしまい、さらに迷惑メールが送られてくる危険性があります。よって「イ」は避けるべき行動です。

迷惑メールはウイルスが潜んでいるものもあり、メールを開いてしまうとウイルスに感染してしまう恐れがあります。なので、迷惑メールは開かずに削除しましょう。なので「ウ」は正しい内容です。

特定の発信者から迷惑メールが多数くる場合はエの対処はとても有効です。
別のフォルダに移すことで、重要なメールが迷惑メールに埋もれることがなくなり、迷惑メールをミスクリックで誤って開いてしまう危険もなくなります。よって「エ」は正しい内容です。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved