ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問32

平成23年度秋期試験:問32

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問32です。

問題

昨年1月1日に本番稼働を開始したソフトウェアの保守作業の件数を1月から12月まで月別に集計したところ、図のようなグラフになった。このグラフにおける要因Aに該当する保守作業のうち、最も適切なものはどれか。

23年度秋期問32
回答:ア 昨年6月に実施したハードウェアのバージョンアップ作業
回答:イ ソフトウェアの改善要望に対応する作業
回答:ウ ソフトウェアの初期不良に対応する作業
回答:エ 毎年4月に実施するデータ追加作業に関する作業

次の問題に進む>>

問32の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問32の解説です。
問32はソフトウェアの保守作業についての問題でした。

解説

まずは図をよく読み解いておきましょう。
横軸が月単位での時間経過、縦軸が作業件数です。要因Aで発生した作業件数は1月が最も多く、4月以降ではその割合は半分かそれ以下ほどになり、8月以降はまったく見られなくなりました。

アの解説 6月に実施したバージョンアップ作業が1月の作業量の大半を占めることはありえません。
イの解説 ソフトウェアの改善要望はソフトウェア稼働後はいつ来てもおかしくない作業ではありますが、稼働直後には少なく、稼働からしばらくしてユーザが使いこなせるようになってから要望が増えてくる傾向があります。よってイも誤りです。
ウの解説 ソフトウェアの初期不良は、稼働直後に一番多くなる傾向があります。
稼働後は段々と減っていく傾向にあり、最終的にはまったくみられなくなります。
これは要因Aの特徴と一致しています。よって正解は「ウ」です。
エの解説 4月に実施するデータの追加作業に関する作業が1月に一番多いことはありえません。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved