ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問30

平成23年度秋期試験:問30

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問30です。

問題

民法では、請負契約における注文者と請負人の義務が定められている。記述a〜cのうち、民法上の請負人の義務となるものだけを全て挙げたものはどれか。

a. 請け負った仕事の欠陥に対し、期間を限って責任を負う。
b. 請け負った仕事を完成する。
c. 請け負った全ての仕事を自らの手で行う。

回答:ア a
回答:イ a,b
回答:ウ a,b,c
回答:エ a,c

次の問題に進む>>

問30の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問30の解説です。
問30は請負契約についての問題でした。

解説

請負契約とは、注文者が請負人に対し仕事の依頼をし、その仕事の完成に対して報酬を支払う内容の契約です。

注文者と請負人にはそれぞれ義務が発生しますが、そのうち請負人の義務のいくつかをみてみましょう。

仕事完成義務
請負人は、定めた期間までの間に請け負った仕事を完成させなければいけません。その際、仕事が完成しさえすれば下請負契約を行い下請負人を用いて仕事を完成させることができます。

請負人の担保責任
請負人は仕事の目的物に瑕疵があった場合、ある期間を定めてその瑕疵の保障をしなければいけません。
つまり、納品した後で不具合があった場合に、保障期間ないであれば保障しなければいけないということです。

この2つを踏まえて各回答をみていきましょう。

aの解説 請け負った仕事の欠陥を、期間を限って責任を負うのは担保責任に該当するので正しいです。
bの解説 請け負った仕事を完成させるのは、仕事完成義務に該当するので正しいです。
cの解説 請け負った仕事は、下請負人等を用いて完成させても構いません。よって、全て自らの手で行うのは誤りです。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved