ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問27

平成23年度秋期試験:問27

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問27です。

問題 不正アクセス禁止法に関する記述のうち、正しいものはどれか。
回答:ア アクセスコントロール機能を有する個人使用のPCに対してイントラネット経由で不正にアクセスしても、不正アクセス禁止法違反にはならない。
回答:イ 実際に被害が発生しなくても、不正アクセス行為をするだけで不正アクセス禁止法違反となる。
回答:ウ 他人のIDとパスワードを、その利用方法を知っている第三者に教えるだけでは、不正アクセス禁止法違反にはならない。
回答:エ 不正アクセス禁止法違反となるのは、インターネット経由でアクセスされるものに限られる。

次の問題に進む>>

問27の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問27の解説です。
問27は不正アクセス禁止法についての問題でした。

解説

不正アクセス禁止法とは、コンピュータの不正利用を禁止する法律です。正式名称は「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」といいます。
不正アクセス禁止法で禁止されている行為には以下のようなものが該当します。

・インターネットやLANなどを通じて他人のコンピュータにアクセスし、その人のID・パスワードを用いて不正にコンピュータの機能を利用できる状態にする行為

・インターネットやLANなどを通じて他人のコンピュータにアクセスし、セキュリティホール(安全対策上の不備)ををついて、コンピュータに機能を利用できる状態にする行為

・他人のID・パスワードを不正に取得する行為

・不正アクセス行為を助長する行為(第三者に他人のID・パスワードを教えたりなど)

・他人のID・パスワード等を不正に保管する行為

大まかに簡単に説明するとこのようなことです。詳細は警視庁や各県警等のホームページを参考にしてください。

アの解説 イントラネット(社内ネットワーク)経由で不正にアクセスした場合でも、不正アクセス禁止法違反となります。
イの解説 実害がなかったとしても、不正アクセス行為を行った時点で不正アクセス禁止法違反となります。
ウの解説 不正アクセス行為を助長する行為に該当します。なので、他人のIDとパスワードを第三者(知人・匿名掲示板など)に教えることは不正アクセス禁止法違反となります。
エの解説 インターネット経由に限らず、イントラネット等のLAN経由で不正アクセスを行った場合でも、不正アクセス禁止法違反となります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved