ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問11

平成23年度秋期試験:問11

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問11です。

問題 電化製品などに組込みシステムを利用する利点として、適切なものはどれか。
回答:ア PCとはソフトウェアの構造が異なり、ウイルス感染の危険性がない。
回答:イ システム設計において、ハードウェアの制約を受けない。
回答:ウ 製品の改良に当たって、ソフトウェアの変更だけで一定範囲の機能追加が可能になる。
回答:エ フェールセーフを担保する環境が提供されており、システムごとの対策が不要である。

次の問題に進む>>

問11の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問11の解説です。
問11は組み込みシステムについての問題でした。

解説 組込みシステムを電化製品に利用することで、ソフトウェアが組込みシステム内に格納されます。そのソフトウェアが実装する機能を、電化製品で扱うことができるので、製品を改良する際にはソフトウェアを変更するだけで機能追加が可能になります。
しかし、電化製品自体の機能にも制約があるので、あくまで電化製品が実行可能な範囲内での機能追加となります。
アの解説 組込みシステムを利用した電化製品でも、ネットワークに接続しているものはウイルス感染の危険性があります。
冷蔵庫や洗濯機などは独自で機能しており、ネットワークに接続することがないので危険性はないといえます。しかし、例えばATMやゲーム機、最近ではテレビなどもネットワークに接続するものがあり、それらはウイルスに感染するおそれがあるといえます。
イの解説 組込みシステムでもPC等と同じように、ハードウェアで実現できないことは機能として実装できません。よって、ハードウェアの制約を受けることになります。
エの解説 必ずしもフェールセーフを担保する環境があるわけではないので、組込みシステムでは各ソフトウェアごとに、各電化製品に応じた対策を実装する必要があります。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved