ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問10

平成23年度秋期試験:問10

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問10です。

問題 自社の保有する特許の活用方法の一つとしてクロスライセンスがある。クロスライセンスにおける特許の実施権に関する説明として、適切なものはどれか。
回答:ア 許諾した相手に、特許の独占的な実施権を与える。
回答:イ 特許の実施権を許諾された相手が更に第三者に実施許諾を与える。
回答:ウ 特許を有する2 社の間で、互いの有する特許の実施権を許諾し合う。
回答:エ 複数の企業が、有する特許を1 か所に集中管理し、そこから特許を有しない企業も含めて参加する企業に実施権を与える。

次の問題に進む>>

問10の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問10の解説です。
問10はクロスライセンスについての問題でした。

解説

クロスライセンス契約とは、特許権を持つもの同士(主に企業間)が互いに相手の特許を利用できるように締結するライセンス契約のことです。

クロスライセンス契約を結んだ場合、特許使用料を払わずに相手の特許物を利用することができます。

アの解説 独占的な実施権を与えるわけではないので、誤りです。
イの解説 契約を結んだ当事者以外の第三者へ実施許諾を与えることはありません。
エの解説 特許権を持つ者同士の契約がクロスライセンス契約となるので、この記述は誤りです。
特許を有しない企業を含めて実施権を与えることをパテントプールといいます。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved