ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座
  1. ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 >
  2. 過去問題解説(平成23年度秋期) >
  3. 問4

平成23年度秋期試験:問4

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問4です。

問題 コンピュータプログラムに関する著作権の説明として、最も適切なものはどれか。
回答:ア 改変が認められているフリーソフトウェアを改変した場合、改変部分も含めてその著作権は、別段の定めがない限り、元のフリーソフトウェアの著作者だけに帰属する。
回答:イ 外部のソフトウェアハウスに委託して開発したプログラムの著作権は、別段の定めがない限り、委託元の会社に帰属する。
回答:ウ 派遣社員が派遣先で、業務上、作成したプログラムの著作権は、別段の定めがない限り、派遣元の会社に帰属する。
回答:エ 法人の発意に基づき、その法人の従業員が職務上作成するプログラムの著作権は、別段の定めがない限り、その法人が著作者となる。

次の問題に進む>>

問4の解説

ITパスポート試験平成23年度秋期試験の問4の解説です。
問4はプログラムの著作権についての問題でした。

解説 企業内のプロジェクトなど、法人の発意に基づいて作成されたプログラムは、職務上作成した従業員ではなく、その法人が著作者となります。
アの解説 改変が認められているフリーソフトウェアを改変した場合、改変部分は元の著作者と改変者の両方に著作権があります。この改変部分のことを二次的著作物といいます。
イの解説 外部の会社にプログラムの開発を委託した場合、委託先の会社の指揮の下でプログラムは開発されています。よって、委託先の会社が著作権を有します。
ウの解説 業務上で作成されたプログラムは、その業務を取り仕切る会社に著作権があります。プログラムを作成したのが派遣社員でもそれは同じです。

次の問題に進む>>

ITパスポート試験過去問題 23年度秋期TOP

ITパスポート試験平成23年度秋期(ストラテジ系の問題)
問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(マネジメント系の問題)
問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41
問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50 問51
問52                  
ITパスポート試験平成23年度秋期(テクノロジ系の問題)
問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60 問61 問62
問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70 問71 問72
問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88        
ITパスポート試験平成23年度秋期(中問A〜B)
中問A 問89 問90 問91 問92
中問B 問93 問94 問95 問96
中問C 問97 問98 問99 問100

ITパスポート試験 WEB勉強講座トップ

Copyright (c) 2011-2017 ITパスポート試験 問題・WEB勉強講座 All right reserved